ルミナピールに副作用はないの?

手の甲にできたシミを消す効果があるルミナピールですが、含まれている美白成分や保湿成分に対してよく知られているものが少ない為、疑問を持つ人もいると思います。

成分がわからないものに対して警戒してしまうのは当たり前ですよね。

そこでルミナピールが本当に問題ないのか、副作用はないのかをまとめて書こうと思います。

副作用に関して

ルミナピールに含まれている成分に副作用があるものが含まれていたら、と考えるとほとんどの人は買うのをためらってしまうかもしれません。

副作用がないとしても刺激物が含まれていて、それが肌に触れたことで肌が荒れてしまったら副作用と変わりませんよね。

しかし、安心してください、ルミナピールに副作用があるような成分は含まれていません。

ルミナピールの主成分は植物から採れる天然の成分なのです。

含まれている成分はそれぞれにしっかりと保湿効果や美白効果が含まれていて、シミの原因になるメラニン色素の生成をしっかりと抑える効果や老化の原因でもある活性酸素を抑える効果などもあります。

そして、そもそもルミナピールは医薬品ではなく、化粧品の扱いな為、薬剤特有の副作用が起こる心配などはないのです。

ハイドロキノンが含まれていないので安心

ハイドロキノンという成分をご存知でしょうか?

ハイドロキノンはシミの原因になるメラニン色素の合成を抑える働きをもつ成分です。肌の漂白剤とも言われている強力な成分なんです。

その効果は、メラニン色素の合成には欠かせないチロシナーゼの働きに対して強力に抑える力があり、褐色化してしまったメラニンの色を白色化する働きもあります。

これが還元作用というもので、美白作用とも言われています。

ハイドロキノンは即効性が高く、美白効果はコウジ酸やアルブチンの10倍や100倍であると言わます。

しかし、即効性がある強い成分な為副作用があり、シミが濃くなってしまったり、白斑になってしまったり、炎症を起こしてしまう事もあり使用が難しい成分なのです。

ルミナピールはハイドロキノンのように多少無理やりに抑制させてしまうような成分は含まれていません。

ルミナピールは安全

ハイドロキノンが含まれていなかったとしても肌が弱い女性だと市販の薬を使用するだけで荒れてしまったりするので、肌にあう化粧品かそうではないのかが結構重要ですよね。

肌が荒れやすい人はピーリングに対してあまり良い印象を持ってはいないと思います。なぜかというと、ピーリングジェルの多くは石油系界面活性剤が使われているからです。

石油系界面活性剤は、これを使用している化粧品などを使用していると、乾燥肌の原因になってしまったり、特に弱い方だと肌荒れをしてしまったりする可能性がとても高いのです。

しかし、ルミナピールには石油系界面活性剤が一切含まれていません。

さらに防腐剤や紫外線を吸収してしまうような成分も一切含まれていないので、他の化粧品に比べ安全です。

敏感肌でほとんどの化粧品は使用できない人でも、アルコールなども含まれていないピーリングジェルがルミナピールなので、塗った時に感じるヒリヒリ感もありません。

その為、快適に使い続ける事ができるのです。

ジェルタイプなのも嬉しい

ルミナピールは肌に優しいジェルタイプの化粧品で、伸びやすく、柔らかいので強く擦らなくてもしっかりと浸透してくれます。

ルミナピールには保湿成分、美容成分がたっぷりと入っているので一度の使用で手の潤いの違いがわかると思います。

強く擦り過ぎてはいけない

含まれている成分でトラブルがなかったとしても、使用する方法が間違ってしまっていると効果が半減してしまうだけではなく、擦った刺激で肌荒れになってしまう事もあります。

ピーリングジェルで特に気をつけないといけない事は強く擦らない事です。

ジェルを優しく滑らせるように撫でてあげるだけで十分効果を発揮しますので、強く擦らないようにだけ注意してください。

気をつけないといけないこと

ルミナピールの成分は肌に優しい成分でできていますが、それでも赤みが出てしまう場合があります。

それは、アトピーなのでできてしまった黒ずみなどへの使用です。

アトピー肌の場合、肌自体が普通の人よりも弱く敏感である為、外部の刺激に対してとても弱いのです。もしルミナピールを使用して肌に赤みが出てしまった場合は、使用を中止した方がいいです。

この場合はルミナピールの成分などによる影響というよりは、ピーリング自体の角質ケアが肌に合わない可能性があります。

ピーリングは角質を剥がしていくケア方法になります。

その為、天然成分を使用していたとしてもピーリング自体が刺激が少し強いのです。また、ピーリング自体はアメリカが発祥です。

日本人が使用できるようにしていたとしても、日本人の肌はアメリカ人よりも薄く、とても繊細な為、アトピーや敏感肌の人の中には副作用が出てしまう可能性があります。

ルミナピールのちょっとしたデメリット

ルミナピールに含まれているビサボロールは、美白化粧品として販売されている化粧品の中でも筆頭成分として使用されています。

そしてプラセンタはエイジングケア商品によく使われている成分です。

つまりは、ただのピーリング化粧品ではなく、美白化粧品とエイジングケア化粧品が同時に配合されていると考えても良いと思います。

そんなルミナピールですが、デメリットは、これ一本だけでは保湿は不十分であるという事です。ピーリングをした後は、古い角質が取れた後になるので肌は乾燥しやすくなっている状態です。

なので、ルミナピールを保湿化粧品の代用として使用する事はできません。

ルミナピールを使用した後は、必ずハンドクリームなどで保湿をしてあげて下さい。

まとめ

ルミナピールに含まれている成分は、自然の成分になるので、肌に優しく、刺激になるようなものはありません。

その為、ほとんどの場合は副作用が起こることはありませんが、アトピーや元々肌が少し荒れてしまっているような人は注意して使用してください。

しかし、しっかりと使用方法を守ればほとんどの人は副作用が出たり、肌に異常が出たりはしていないので、安全性はかなり高い商品だと思います。

いつでも解約する事ができるお為コースや全額返金サービスなどもあるので、一度試してみても良いと思いますよ!

ルミナピールの公式サイトはこちらから
↓↓
ルミナピール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする