ルミナピールの効果や成分を徹底検証

ルミナピールをご存知の方は多いと思いますが、手の甲専用の紫外線対策クリームとして有名です。

顔専用や全身の紫外線対策クリームは多いですが、手の甲専用のものは少ないと思います。

手の印象が変わると、印象もよくなりますよね。このサイトでは、ルミナピール独自の特徴をお伝えします。

ルミナピールの効果と特徴

ルミナピール
ルミナピールは他の商品と比べて優れているのは色素を薄くするのではなく、角質を落として治していくという点です。

ルミナピールの特徴は、ピーリングジェルという特殊なジェルを使用していて、このジェルが角質にまとわりつくことで、通常の”洗う”という行為では落としきれない角質を絡めとります。

古い角質には紫外線トラブルの元である、メラニンがたくさん含まれています。なので肌に良い成分を浸透させる前に、角質を取り除くことは非常に重要なポイントになります。

9種類の成分

ルミナピールには特徴的ないくつかの成分が含まれています。

その特徴的な成分とは以下のものです。

・トウキ根エキス
・ソメイヨシノ葉エキス
・クズ根エキス
・ゲットウ葉エキス
・ユキノシタエキス
・シャクヤク根エキス
・オウゴン根エキス
・マグワ根皮エキス
・カンゾウ根エキス

これらの成分は主に紫外線でダメージを受けた手の甲に塗ることで皮膚に浸透していき、黒いシミに直接作用してくれます。

それぞれの成分の効果

ルミナピールに含まれる成分を詳しく見ていきましょう。

トウキ根エキス

トウキ根エキスはせり科シシウド属の多年草の根を湯通しし、乾燥させてから抽出したものになります。

漢方薬にもよく使われていて、収れん、消炎作用があるとして外用薬に配合されます。

その効果は美白、保湿、抗炎症作用、抗アレルギー作用、血行促進作用があります。このトウキエキスは美白や保湿を促す化粧品に多く使用されていて、薬理作用があると言われています。

ソメイヨシノ葉エキス

ソメイヨシノ葉エキスは桜の「ソメイヨシノ」の葉から週出した成分です。

シミやくすみの原因であるメラニン生成の抑制効果があり、保湿作用も期待できる成分になります。

クズ根エキス

クズ根エキスは別名を葛根と言います。そうです、漢方薬の風邪薬、葛根湯に入ってる成分です。

クズ根エキスの美容効果は、保湿効果やコラーゲン生成を助けてくれる働きをします。

ゲットウ葉エキス

ゲットウは漢字では「月桃」と書き、アロマとして人気がある成分です。ゲットウには赤ワインの約34倍のポリフェノールが含まれた抗酸化作用があります。

紫外線により生成された活性酸素を減らすことで角質を改善してくれる効果が期待できます。

最近はサプリメントにも入ってるので人気になってきている成分です。

ユキノシタエキス

ユキノシタエキスの効果はメラニン色素が生成される原因の一つと言われている活性酸素を減らしてくれる働きをします。

シミやしわの対策であるアンチエイジング化粧品に含まれている事が多いので知ってる人もいるかもしれません。紫外線による皮脂の酸化を進める過酸化脂質の生成を抑制する効果もあります。

シャクヤク根エキス

皮膚の炎症を抑制させ、血行を促進させてくれる効果がある成分です。チロシナーゼを抑制するガロタンニンと言われる成分も一緒に含まれているので、シミを防止改善させる美白化粧品によく使われている成分になります。

透明感の改善、肌を引き締めながら滑らかにするためのアンチエイジング効果が高いです。

オウゴン根エキス

オウゴン根エキスは保湿作用がとにかく高く、紫外線のエネルギーを吸収して肌を守ってくれる効果があります。

さらに、老化の原因になる酵素を抑制させ、アンチエイジング効果もあります。チロシナーゼの働きを抑える為のメラニン生成が抑制される効果が高いことから、シミの予防に効果が高いと期待される成分です。

マグワ根皮エキス

マグワ根は白い肌を健やかに保つための成分が含まれています。その為、紫外線によって活発になったメラニン色素の活動を抑制する効果が高いです。

保湿によるアンチエイジング効果が多い化粧品によく使われる成分になります。代表的な所だとファンデーションに配合されてる事が多い成分ですね。

カンゾウ根エキス

メラニン生成を抑えるグラブリジンといわれる成分が多く含まれている成分です。

メラニンによって色素沈着を引き起こすメラノサイトに作用し、メラニンの生成を防ぐ効果があります。この効果はビタミンCの約270倍と非常に高く、美白化粧品に多く使われている成分です。

その他含まれているもの

上記9種類だけではなく、ルミナピールには「ビサボロール」と「ホエイ」といわれる紫外線対策に効果的なものも多く含まれています。

ビサボロール

ビサボロールは聞いたことのない方が多いと思います。

ビサボロールはカモミールの精油に含まれる成分です。香りはほんのり甘く、色々な香料としても利用されてきました。

カモミールはアロマの香りで有名ですが、ビサボロールでは実は昔から使われており、研究が進んでいるため、安全性がとても高く信頼もできます。

肌荒れ全般に効果的で、例えばニキビに関しても抗炎症佐生がある為、肌トラブルを防ぎます。

さらに、肌荒れの原因ともいえる、雑菌の繁殖を抑えてくれて、それを可能としているのが、天然の防腐作用です。天然成分なので肌に優しく作用し、清潔感を保ってくれます。

紫外線対策クリームは刺激の強いものが多い中、ルミナピールはかなり低刺激で安全性が高く、敏感肌の人も安心して使用できます。

肌質を選ばず使い続けることができる為副作用が非常に少なく、安心して使うことができる成分となります。

ビサボロールの効果は多種多様

代表的なところを挙げますと、シミやシワ、黒ずみ、敏感肌、ニキビケアなどです。効果の幅が広い理由として、天然由来の成分が含まれていることが挙げられます。

その中でもとくに効果が高いのは黒ずみを防いでくれるということです。黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制してくれますし、メラニンが作られる際に必要な酵素のチロシンキナーゼの活性を抑制してくれる働きもあります。

ホエイ(ホエー)保湿力

ホエイの栄養素は70%が乳糖、10%が塩分、15%がタンパク質、5%が脂質ですが、とくに注目を集めているのがたんぱく質です。そしてホエイタンパクを構成するのはアミノ酸なんです。とくに必須アミノ酸の含有量がとくに高いんです。

アミノ酸は体内では作られないので食品から摂るしかできない栄養素になります。

アミノ酸は、肌自身が作り出す保湿成分(天然保湿因子と言います)に成分構成が近いこともあって、浸透しやすく、保水成分の多い為、内側から潤いを与えます。

さらに抗炎症作用があるので、ニキビなど肌荒れ全般に効果的です。角質を柔らかくし、余分な角質を取り除くことによって美白効果も高まります。

手の甲の紫外線がなぜ怖いか

手の甲は顔の次に老化が現れる箇所と言われ、そしてシミができやすいと言われています。そのシミの原因は日焼けによるダメージです。

長時間紫外線を浴びる事になる手の甲はシミができやすい個所なんです。しかし、ルミナピールはそんな手の甲のシミ予防・美白効果や、シミ消しまで対応できます。

手の甲はシミだけでなくシワもできやすい

通常は紫外線を浴びても時間が経てばメラニンは排出されますが、年齢を重ね、加齢や肌のリズムが乱れてしまうことでメラニンが排出されず、肌の内部に残ってしまいます。それが手の甲にシミとして残る原因なんです。

さらに顔と違い紫外線にさらされる機会が多い為、日焼け対策がこまめにしづらいです。さらに肌が薄く、身体全体の中でも脂分が少ないので乾燥しやすいのでシワもできやすくなります。実は顔よりも肌荒れはしやすいんです。

紫外線

紫外線B波は夏場の7月~8月が最も強く、日焼けの原因になりやすい時期になります。しかし、その他の季節にはあまり重要視されていません。

一方で紫外線A波ですが、こちらは日焼けには直結しないのですが実は肌荒れの原因となります。さらに年間を通じて強さを維持し、ガラス越しや、壁や地面からの跳ね返りによって人体まで届きます。

とくに冬は厚手の衣服を多く着込む時期になります。しかし手の甲は意外と出しっぱなしになることが多いです。その為、乾燥しやすくなるので手の甲の日焼け止めクリームや保湿クリームはとくにこまめに塗ることをお勧めします。

お得な購入方法

項目 容量 お試し定期コース
ルミナピール 45g 2,970円(税別)

ルミナピールはお得なお試し定期コースが利用できて、お試し価格も安いので是非試してみて下さい。

お試しコースはこちらから
ルミナピール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする